活動報告

91歳の患者さんをおんぶしてコスモスを見に行きました。

2022年11月19日

介護用に開発したヒダカリーフキャリーでおんぶして車の助手席に乗せてコスモスを見に行きました。

少女に戻り大はしゃぎでした。
いい思い出ができました。

息子の活躍と未来

2022年11月10日

10月後半に東京から帰ってきて今日東京に帰りました。

帰る前は元気がなかったようですが、宮崎に帰ってからいろいろと手伝ってもらううちに随分元気になりました。

初めて高圧洗浄機を使って木の下のデッキや石畳を洗浄し、デッキに防腐剤を塗り、井戸の修理をし、錆びたテーブルをグラインダーで削り、草刈り機を初めて使って地域の水路の草を払い、動かなくなった軽トラのバッテリーを交換し、軽トラの積み荷の整理をし、津波の避難通路の草取りをしてもらいました。

全てが初めての体験でしたが、しっかりこなしていました。

東京ではできなかったことをして自信がついたのか、地方の魅力を感じ取ったようです。

東京でリハビリの仕事をしていますが、いろんな職種の仕事を体験することでどんなリハビリが必要かを感じ取ったようです。

帰る前日から未来に向かって随分多弁になっていました。

地方には未来に向けてそれなりの役割がありそうですね。

コスモスの花道が出来ました。

2022年11月6日

種を蒔いた後の台風で駄目かなと思いましたが、無事に例年通りにきれいに咲きました。

川越産業の社長さんが今日も頑張ってベンチを設置していました。
お疲れさまです。

少しずつ時期をずらして種を蒔きましたのでしばらく楽しめそうです。

息子の草払い

2022年10月31日

水路に覆い被さった草を息子が払ってくれました。

草刈り機を初めて使った割にはきれいにできていました。
お疲れさまでした。

草の勢いと危険性について

2022年10月21日

毎年草が水路に覆い被さります。

土手の草のように見えますが、草の下には深さ約1.5mの水路があります。

誤って落ちないように数年前から水路沿いの草を払って来ましたが、今回は多忙で手が回りません。

子供が落ちたら直ぐに行方不明になるような状況です。

どうにかしないと危ないですね。

道路拡幅が近づいて来ました。

2022年10月18日

昭和33年から親しまれてきたセンダンの木があと数年で終わります。

毎年夏になると大きな木陰を作ってくれました。

これまで多くの患者さんがこの木を目印に来られ、多くの人生と共にこの木も成長しました。

あと数年。

多くの人々がこの木を眺めてもらえるように、根元や入口の庭にコスモスの種を蒔きました。

見てやって下さい。

草たちの勢いが凄すぎる!

2022年10月18日

今年の1月、2月には野焼きをして、トラクターで耕して、綺麗な畑になっていました。

一夏が過ぎると背丈以上の草たちが生い茂っています。水路沿いのコスモスたちが見えなくなってしまいました。

休みの日の午前中から草刈りを始めましたが大変!気温も上がり先に進みません。午後から仕事が入り中断しました。

川越産業の社長さんから、ショベルカーできれいにするから無理をするな!と言われました。

カーブした水路沿いのコスモスの花道が見えるようにどうにか頑張りたいです。

コスモスたちは元気です。

2022年10月6日

9月11日にコスモスの種まきをしましたが、9月17、18日の台風で出たばかりのコスモスの芽が倒れてしまいました。
一部はやり直しましたが、8割は頑張りました。11月10日頃にはまた花道ができそうです。

台風後のコスモス

2022年9月25日

台風の強風と大雨でせっかく顔を出したコスモスたちがぺったりと地面にはりついていました。

そのうち復活するかなと様子を見て今したが、復活したのは草たちでした。

川越産業の社長さんがまた耕して残っていた種を蒔きました。

今回は昨年の7から8割咲けば良い方かもしれません。

11月10日頃が見頃になると思います。

コスモスの種蒔き

2022年9月11日

9月11日午前10時から5人で種蒔きをしました。昨年秋のコスモスの種を使いました。

今回は隣接する田んぼの一部も借りて少し拡げました。12時前から雨が降り始め、田んぼの一部に水が溜まりました。

1ヶ月半後に満開になり、田んぼの中に美しい花道ができることを期待しています。

また報告します。