「病」より「人」を視つめていく地域医療をすすめていきたい。

病より人を視つめていく地域医療

病気を治す医療から人生をサポートする医療へ!

「病」より「人」を視つめるということとは何でしょうか。

どんな病状にあっても、その人や家族の人生を知る努力をし、考え方や価値観を尊重し、「その人らしく生きる」ことができる環境を作ることではないでしょうか。

つまり、その人の人生をサポートすること、その人が「自分らしく生きる」ことをサポートすることではないでしょうか。
「自分らしく生きる」と言うことは、自分の生き方、考え方が皆に認められると言うことです。「あなたは、あなたでいいんですよ」と認められることです。

自分らしく生きることができるケアをすることは、お互いの生き方、考え方、価値観を認め合うことから始まります。これは、すばらしいことです。

親子でも兄弟でも生き方、考え方、価値観が違います。社会一般となると、違いはもっと広がります。多種多様の価値観と能力が結合することにより、新しいものが生まれ社会が発展します。価値観の統合や拒否により、対立が生まれます。

「生まれたら必ず死ぬ」と言う極当たり前のサイクルの中で、生きるために、守るために、幸せになるために、発展するためにそれぞれが一生懸命考え行動した結果、それぞれの人生観、価値観、業績が生まれます。

違う人々が、ぶつかり合ったり、認め合ったりしながら一緒に生き、そして死んで行きます。極自然な流れです。

医者の家庭に双子で生まれ、進路に迷い、親とぶつかり、医者となり、父親となり、後継者となり、親を看取り、挫折し、また立ち上がり、いろんな人々の人生観や価値観の中を通り抜けて還暦が目の前になった今、これでいいんだ、今の自分でいいんだと思えるようになりました。

そして今、地域で「人生をサポートする医療」を続けています。人生最期のお世話をする私達は、これから何ができるのでしょうか。そして、私達は自分らしく生きているでしょうか。

これまでは病気を治す医療に力が注がれて来ました。超高齢化の時代となった現在、本人・家族の生き方や考え方を尊重して、人生をサポートする医療を進めていきたいと考えます。

必要に応じて往診を行う。在宅や診療所で対処できない時は速やかに病院に搬送し治療を行う。時には、本人・家族が希望する場所で、最期まで過ごせるように支援していく。地域の各医療機関と連携して、本人・家族を中心とした医療を進めていく。

本人及び家族にとって「あ~いい人生だった」と思えるように、医療面で支援していきたいと思います。

訪問診療/往診について

外来診療と訪問診療、必要に応じて往診を行っています。

病状の悪化または急変で外来受診が困難な時は往診を行い、病状に応じてまたは家族の希望に応じて病院へ紹介、または在宅で医療を行っております。

家族または各医療機関から在宅での診療の依頼が入りましたら、事前に頂いた情報をもとに家族の方とお会いして患者様や家族の方の希望、お考え、介護力についてお聞きします。

病状が安定していれば、2週間に1回の計画的訪問診療を開始します。必要に応じてケアマネージャーを入れて介護保険の申請、訪問看護の導入、更に介護力が必要な場合はヘルパーを入れて在宅での医療を充実させて行きます。

訪問診療を行っている患者さんの病状が悪化または急変した場合は、24時間体制で訪問看護と連携して対応します。

詳しくは、病院受付へお問い合せください。

日高四郎の想い/往診について

その志、変らず今に…

最新の記事

やすらぎの田園と田植え

いよいよ備蓄米に向けての田植えです。やすらぎの田園の地主さんや近所の農家のおじさんの協力で準備ができました。地主さんはやすらぎの田園から田んぼに入れるように橋を作ったり、田んぼのあぜ道を整地したりとみんな張り切っています……

続きを読む

01

やすらぎの田園2

おじさん達がますます元気になっています。 エンジンポンプが付き田んぼに水を入れる準備ができました。地主さんと語った備蓄米作りの夢が早くも現実になってきました。 稲の生育を見ながら一時を過ごせる休憩所を作ることになりました……

続きを読む

1

やすらぎの田園

2015年春、地主さんの許可を得て、空き地にコスモスの苗を50本ほど植えました。 秋になると見事に花が咲き、地域の人々が見に来るようになりました。 土建業をされている地主さんは、みんなが喜ぶのを見て自分も何かしなくては!……

続きを読む

KIMG0844

HIDAKAリーフキャリー「僕が君の足になるよ」

38年前の夏、脳性まひの交流キャンプで私と同じ年の脳性まひの男性に出会ました。彼は積極的にいろいろな会に参加していました。その後、車イスのまま乗車できる車を使ってハンディーキャブ運営委員会を一緒に立ち上げました。 残念な……

続きを読む

地域における高齢者医療や福祉のあり方

昭和33年に父が始めた地域医療を平成7年からそのまま引き継ぎ、現在自分流の地域医療を進めています。 私が小学校の頃から知っているおばちゃんやおじちゃん達とのお付き合いが現在も続いています。毎日夜遅くまで外で子供の帰りを待……

続きを読む

01

原点にもどろう。

夢や希望を抱き、走り始め、注目され、評価され、人が集まり、一つずつ目標を達成して来た。  人が集まると、いろんな価値観も集まる。 時の流れと共に、世の中の評価も基準も少しずつ変わって行く。 集まった人々は、夢と現実の狭間……

続きを読む

NO IMAGE

思い出療法(回想法)

外来診療、在宅医療、施設での診察で以前から回想法(個人的には、思い出療法と言ってきました)を部分的に使っています。長崎の病院で勤務していた時に、複数の認知症、寝たきりの患者さんから原爆の話を聴き出したことがあります。 多……

続きを読む

NO IMAGE

私のエネルギーの素

エネルギーの素は簡単に言えば「危機感」です。 医療が進んだ結果としての少子高齢化が今後どのような結果を招くかを追求して行くと、それは国の崩壊です。 世界一の長寿国と喜んでいる場合じゃありません。国の崩壊を回避するにはどう……

続きを読む

NO IMAGE

引き算の医療

在宅で看ている高齢者は、ほとんどの方がいろんな積極的治療を受けて来られています。そして、もう何もしなくていいという引き算の医療を求める方が多くなっています。 脳梗塞後、大腸癌、重度の貧血を患っている患者さんを在宅で看てい……

続きを読む

NO IMAGE

医療介護現場での和

施設職員が他の職員を「これも分からんのか」と激しく怒鳴っている声を聞いた利用者さんの血圧が急激に180以上に上昇し、気分不良で夕方外来受診されたことがありました。普段の血圧は130台で穏やかな方です。争い事をひどく嫌う方……

続きを読む

NO IMAGE

今も劣等生

医学部の時は予備校の夢を、医者になってからは卒業試験の夢を何度も見て来た。最近やっと医者として活動している夢になった。しかし、今もなお自信がなくいろいろと指導を受けている夢だ。 最近はそれで良いと思っている。これが自分だ……

続きを読む

NO IMAGE

未来像

戦争になると、世界の孫たちやひ孫たちが殺し合うことになる。 それぞれが、生きる手段を破壊し、生きて行けないようにする。 残るのは、悲しみと苦しみと自然破壊と100年以上に渡る遺恨。 共に生きることを選ぶと、それぞれが持つ……

続きを読む

NO IMAGE

宮崎から日本再生のビジョン

これからの世界情勢や日本の政治・経済を見るとあまり先行きが明るくないように思われます。日本の基本的な問題は、少子高齢化にあると思います。 そして、1964年の東京オリンピック以来の1,000兆円を越える日本の借金の問題が……

続きを読む

NO IMAGE

自由か平等か、それとも…

自由と平等のどちらかを選ばざるを得ない時代が続いて来た。 自由で不平等な社会か、平等で不自由な社会か、世界は大きくこの二つに分かれてきた。 自由も平等も両方必要だということは、世界の人々みんなが知っていたと思う。 しかし……

続きを読む

NO IMAGE

日本の人口ピラミッドとこれからの日本

「少子高齢化」という言葉は、随分前から使われています。 現在「少子高齢化」は、日本の存亡を決定する要因になりつつあります。 終戦後の第1次ベビーブーム世代が現在65才を迎えています。 その子供達の第2次ベビーブーム世代が……

続きを読む

出典:総務省・政策統括官・統計研修所

あっ しろちゃん

小学校1年の時の恩師が亡くなった。 以前から、「いよいよの時は自宅で最期まで看て下さいね」と言われていた。 何度か入院を勧めたが強く拒否され、本人の希望通り在宅での療養になった。 遠方からも孫達が集まり、介護が始まった。……

続きを読む

NO IMAGE

介護職員が今の日本を支えている

世界で最も高齢化している日本を、瀕死の状態の日本を支えているのは、 介護現場で働いている職員です。なぜなら、あなた方介護職員がいなかったら国が滅びるからです。 あなた方介護職員がいなかったら、介護を必要とする高齢者は、病……

続きを読む

NO IMAGE

似顔絵

子供の頃から絵を描くのが好きだった。今も変わらない。 勤務医だったころ、黙って車イスに座っている患者さんをよく見かけた。 その脇で看護師さん達が忙しそうにカルテに記録して行く。 そっと近づいて、黙って向き合ったまま似顔絵……

続きを読む

P1170551

アランの幸福論の紹介

現在、幸福が遠くになりつつあるような時に、アランの幸福論に出会いました。 抜粋ですが紹介します。 少しでもお役に立てればと思い書きました。 幸福になることは義務である 幸福は他人に対しても義務である 人に幸福を与えるため……

続きを読む

NO IMAGE

命の引き継ぎ

私たちは、病気と付き合っているのではない。その人の人生と付き合っているのだ。そして、その人の家族と付き合っているのだ。 55年前の若い父と母そして幼い兄と姉、そして孫たちにはるばる会いにきた祖父母たちの写真が数年前に見つ……

続きを読む

癒しの場、発見

霧島温泉から都城経由で帰るとき、素敵なドッグカフェを見つけました。 古民家を改修して作られたカフェで、時間が止まるような空間です。 良くしつけられた犬たちが迎えてくれます。おとなしくて、上手に甘えて来ます。近くに座ると、……

続きを読む

家族が遠くなった看取り

いろんな事があったのでしょう。施設の職員が家族に電話をしても出なかったり、電話に出ても「もう連絡しないで下さい」、「もう関係ないです」…など返事は様々。本人は、衰弱してこれまでの経過を話す元気もなければ、記憶もないようだ……

続きを読む

NO IMAGE

「頑張って」と言う愛情、「もう頑張らなくてもいいよ」と言う愛情

ピンピンコロリをほとんどの高齢者が求めている。しかし、今の医療はそう簡単にコロリと逝かせてくれない。脳出血、脳梗塞を起こしても脳外科での治療、リハビリにより杖歩行から車イスレベルまで回復することが多い。 中には、ほとんど……

続きを読む

NO IMAGE

自分の役割

五人兄弟の末っ子として昭和29年に生まれた。幼少時代は、兄達が母親から怒られる姿を見ながら賢く過ごした。父は昭和33年から開業し日中は外来、午後からは夜遅くまで往診をしていた。優しかった父の往診にいつも着いて回り、田舎の……

続きを読む

NO IMAGE

救急現場での医師の役割

在宅の患者さんが自宅で転倒後頻脈になっていると訪問看護からの電話が入った。 ナースが電話でやり取りしているのを聞きながら、外来患者さんの診察を行っていた。どのタイミングで往診に行くかを考えながら診察をしていると、チアノー……

続きを読む

NO IMAGE

馬に癒された

今の世の中、弱者に対する負担が大きくなりつつある。なぜかイライラしてどこにもぶつけようのない怒りでいっぱいになることがある。先日、この怒りをどうにか治めなければと思い一人車を走らせ、温泉に入ったりして気ままに走り続けた。……

続きを読む

P1150831

人の物差し

どのような国に生まれ、どのような地域で生活し、どのような家庭で育ち、どのような先生や友達に出会い、どのような教育を受け、どのような仕事にめぐり合い、どのような失敗や挫折を経験したかなどにより、それぞれの価値観、考え方は一……

続きを読む

NO IMAGE

施設の災害対策について

特別養護老人ホームの嘱託医をしている。3.11以降、特別養護老人ホームの入所者をどのように避難させようかと関係者と検討している。 海岸に近い松林の中にあり、海抜4mしかない。建物は鉄筋コンクリートだが平屋建てだ。静かで、……

続きを読む

NO IMAGE